カフェインも含む黒烏龍茶でのダイエット

黒烏龍茶は、ダイエットにも心強い味方になってくれます。ただ、いくら黒烏龍茶が脂肪の吸収をセーブしてくれるといっても、カフェインを含んでいることを、忘れてはいけません。ダイエット以前に、カフェインの大量摂取は、健康にも良くはありません。黒烏龍茶にはカフェインを含みますから、たくさん飲み過ぎると、胃のは負担になってしまいます。

黒烏龍茶をダイエットに取り入れた時には、食事と一緒に飲むようにしていました。脂肪吸収を抑えてくれるため、食事の前に飲んだり、食事のあとに飲むと効果が高いと言われています。ですが、食事中でも一緒に飲むのは良いと聞いて、美味しいご飯と一緒に飲みました。そのかわり、間食で飲んでいた、缶コーヒーや清涼飲料水は飲まなくなりました。間食で飲むドリンクで、カロリーをとるのをやめることにしたのです。

食事は、割と好きなものを食べていましたが、必ずといっていいほど、黒烏龍茶をセットにしました。食べる量は全く気にしないわけではなく、ある程度のセーブはしました。暴飲暴食をしてしまっては、せっかくの努力も水の泡になってしまうので、腹八分目を心がけることも大切だと感じています。

重合ポリフェノールが含まれていて、リパーゼの働きをサポートするので、中性脂肪を外へと排出してくれるのだといいます。脂肪吸収を抑制するため、ダイエット効果につながるということで、続けて飲んでみました。唐揚げや天ぷらも食べましたが、体重が増加することはなかったです。

食事では、タンパク質や野菜類を多めに食べて、炭水化物や糖質は控えました。あとは、食べる量には気を使いました。黒烏龍茶を飲んで、体重は増えにくくなりましたし、穏やかに体重も減っていったので、健康的なダイエットができたと思います。